2009年06月15日

小谷田の木の家普請中

小谷田の木の家
入間市小谷田の霞川沿いに建設した切妻屋根の木の家の記録です。
霞川への眺めを生かし、ウッドデッキで外部空間も生活空間に取り込むなど、自然を感じとれる空間作りを目指しました。
シックハウスへの対応から使用する材料は、自然素材によることを徹底し、木、土、漆喰、紙などによる家づくりとなっています。
梁間3間×桁行5.5間の母屋に水回りの下屋というオーソドックスな構成としましたが、その骨組みはシンプルにも力強く、間取りの中心に太い背骨をもった丈夫な架構を実現しました。
小谷田の木の家

  設計:一級建築士事務所 木住研
  施工:(株)増建
  材木:岡部材木店

小谷田の木の家

■主なの特徴
・尺角の2階大床梁、それに掛けられ3間通し6寸角の床梁(@3尺)による2階床の構成。
 これは、架構の構成に間取りをきめ細かく対応させやすい作り方となっています。
・コンクリートべた基礎(立上がりなし)の上に土台+足固めの建物の脚部を固める伝統的
 手法にて構成。
・壁は土壁塗り。
・屋根の断熱には軽量化した土を載せおこなう。

小谷田の木の家
小谷田の木の家

■主な工程へジャンプ
 ・基礎工事 
 ・建て方
 ・瓦葺き
 ・完成

 ◆全工程いっき読み
 ※小谷田の木の家情報シート

posted by 太郎丸 at 17:24| 小谷田の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする